今度のイベント

スクール

遊びと学びのコミュニティスクール

「遊びと学びのコミュニティスクール」2022年度募集中!

「遊びと学びのコミュニティスクール」は異年齢のこどもたちが年間を通して様々なワークショップを体験し、ココロとカラダ、コミュニケーション力を育む場所です。こどもたちが様々なクリエイターと一緒につくりあげるワークショップや地域の歴史や物語を学び未来をみんなで考える「みらい探偵団」の活動を行います。その中で得られた学びや経験を活かし、みんなで協力しながら一つの舞台公演をつくりあげていきます。 本スクールではより多様な学びを目指しこどもの主体性や協働性、 コミュニケーション力を育みます。

【募集要項】
<主なスケジュール>
活動期間 2022年6月12日〜2023年3月27日
活動回数 全37回
6〜12月 月2回程度の活動
1〜2月  月6~8回程度の活動
3月  10回程度の活動
※スケジュールや回数は変更する場合ございますのであらかじめご了承ください。

<主な活動場所>
なみきスクエア

<受講対象>
小学1年生〜中学3年生

<受講料金>
60,000円
※期間が2022年6月~2023年3月の登録制
※舞台公演の発表参加費を含みます。
※活動中に撮影した写真等は報告書への掲載やSNS、HPなどに使用することをご了承ください。
※活動への参加回数に関わらず参加費は一律となりますのであらかじめご了承ください。

【講師プロフィール】

高宮由美子/プロデューサー

なみきスクエア事業プロデューサー
子どもの参画、子どもの文化・芸術体験活動、メディアリテラシーの普及、コミュニケーション・デザインの研究、子どもと大人が共に学び合い育ち合うコミュニティづくりに取り組んでいる。「おいでよ!絵本ミュージアム」「はじめての芸術」「遊びと学びのコミュニティスクール」のプロデュースや「子どもがつくるまち ミニふくおか」等に関わる。日本で初めてのドラマ&シアター教育プロジェクト「子どもの時間」に制作として関わる。


神崎由布子/ミュージカル総合指導講師

演出家・舞踏家・振付家
玉川大学芸術学部パフォーミングアーツ学科非常勤講師。ミュージカル、演劇、コンサート、ダンス作品の出演や振付を行う。 近年は、いろいろなジャンルのアーティストたちと、それぞれの枠を超えた多様な表現方法による作品を発表。『ドロシーからの手紙〜オズの魔法使い~』 は、2003年より沖縄、長野、 福岡、東京でワークショップを開催し、上演を続けている。 2009年の日生劇場 『かぐや姫』2010年、2011年日生劇場ファミリーフェスティバル人形劇ミュージカル『ぼくは王さま』シリーズの振付。2012年「ぼくは王さま」 2013年、2014年『とびだせ 孫悟空』の演出・振付を行う。


忠聡太/みらい探偵団総合講師

ポピュラー音楽を中心に20世紀の環太平洋圏の文化史を研究する。過去に音楽サイトやテレビ誌にて執筆と編集補助を担当。主な寄稿媒体に『ユリイカ』、『カルチャーブロス』など。2016年より福岡女学院大学人文学部メディア・コミュニケーション学科講師。

【お問合せ先】
なみきスクエアCLUB事務局
子ども文化コミュニティ
Tel :092-542-0224
Mail : info@kodomo-abc.org

イベント情報

日付
2022年6月〜2023年3月..

参加する

参加お申込み

以下のフォームを入力しお申込みください。
チケット代金の振込先をメールで返信いたします。
代金のお振込み確認後、チケットを郵送させていただきます。

お申込みフォームへ