メディアと市民の新しい結びつき方をさぐる:
   民放連メディアリテラシー・フォーラム in Fukuokaのお知らせ
 子ども文化コミュニティの高宮由美子代表理事が所属する東京大学大学院情報学環 水越伸研究室「マス&コミュニケーションプロジェクト」 と、メル・プラッツからイベントのご案内をさせていただきます。

 9月24日に福岡で日本民間放送連盟主催の民放連メディアリテラシー・フォーラムがあります。
子ども文化コミュニティも2002年度、2009年度に参加しました。
とても意義ある取り組みで参加した子どもも大人もたくさんの得るものがありました。

 メディアリテラシーを学ぶことは、人やモノ、コト、社会とのコミュニケーションが広がり、新しい可能性がみえてきます。
メディアや教育関係の方々をはじめ、様々な機関との連携や共同、共働などに関心のある方は、この機会にぜひご参加をおすすめいたします。
終了後の懇親会でも、ざっくばらんに各方面の方々と交流できますので、こちらもあわせてのご参加をご検討願います。
周りで関心がある方へのご周知もよろしくお願いいたします。

 参加を申し込まれる方や関心がある方は子ども文化コミュニティまでご連絡ください。

 メル・プラッツのメーリングリストでのお知らせを転載いたします。
よろしくお願いいたします。
NPO法人子ども文化コミュニティ
 今年は格別に残暑が厳しいですが、みなさまお元気にお過ごしでしょうか。

 メル・プラッツは、9月24日(金)に福岡で開催される「民放連メディアリテラシー・フォーラム」に協力していますので、下記の通りご案内させていただきます。
 どうぞお誘い合わせのうえ、足をお運び下さい。

 なお、次回の公開研究会は9月11日(土)、東京大学において「スポーツとメディアリテラシー 〜スポーツという経験の共有をめぐって」というテーマで開催いたします。こちらもよろしくお願い致します。
メル・プラッツ事務局
--------------------------------------------------------------------------
   メディアと市民の新しい結びつき方をさぐる:
   民放連メディアリテラシー・フォーラム in Fukuoka
--------------------------------------------------------------------------
 このままで日本の放送はどうなってしまうのか。
 そのように危ぶむ声は後を絶ちません。しかし一方で、地域の人々との交流を図り、ケーブルやネットなどさまざまなメディアと協力しながら、ローカルメディアとして新たなビジネスモデルを画策している放送局も少なくありません。
 番組づくりを通して送り手と受け手がともにメディアリテラシーを学び合う。
それによって地域に根ざした参加型の放送局のあり方を模索する。2001年にはじまった「民放連メディアリテラシー・プロジェクト」はそんな目的を持って展開し、今年でのべ19局が実践をおこなってきました。
 このフォーラムでは、ローカル民放で働く人々と、地域の学校、社会教育、大学、自治体、NPO関係者などのみなさんにぜひお集まりいただき、メディアと市民の新しい関わり方、結びつき方を一緒にさぐることができればと思っています。
 初秋の福岡でお会いしましょう!ぜひお気軽にご参加ください!

■ 日 時 :2010年9月24日(金) 午後1時30分〜午後5時
■ 会 場 :天神クリスタルビル Aホール
     福岡市中央区天神4丁目6−7、電話:092-733-2681
     地下鉄天神駅から徒歩7分、福岡中央郵便局から徒歩2分
     http://www.ohi-pm.jp/rental/hall01.html
     http://www.ohi-pm.jp/rental/map_crystal.html

■プログラム:
  13:30〜14:20 基調報告「放送を市民的に『新生』させるために」
      水越 伸・東京大学大学院情報学環教授
  14:30〜16:00 参加者ディスカッション
           (課題をめぐるグループワークなど)
  16:00〜17:00 パネルディスカッション
     パネリスト 
      徳永謙太郎・山口放送(2007年度参加局)
      松元修二・鹿児島テレビ放送(2009年度参加局)
      水越 伸 ほか
   司会 本橋春紀・日本民間放送連盟

  *終了後、懇親会(会費制)を予定しています。

■ 参加費 : 無 料

■参加申込み:
 氏名、メールアドレス、所属をご記入のうえ、民放連番組部あて、電子メール「tvkids @マーク nab.or.jp(@マークを半角@に変換してください)」にてお送りください。
なお、参加証などは発行しませんので、直接会場にお越しください。

■ 主 催 :
  東京大学大学院情報学環 水越伸研究室「マス&コミュニケーションプロジェクト」

    http://www.mediabiotope.com/projects/mass/

  民放連 放送基準審議会
    http://www.nab.or.jp/

■ 協 力 :
  メル・プラッツ

--------------------------------------------------------------------------
メル・プラッツ 2010年度オーガナイザー 伊藤昌亮(愛知淑徳大学)
--------------------------------------------------------------------------

※メル・プラッツは、以下の運営メンバーによって運営されます。
飯田豊/伊藤昌亮/宇治橋祐之/岡田朋之/小川明子/加島卓/北村順生/
金ヨニ/見城武秀/駒谷真美/境真理子/坂田邦子/砂川浩慶/高宮由美子/
崔銀姫/土屋祐子/鳥海希世子/中川一史/林田真心子/古川柳子/
ペク・ソンス/松井貴子/水越伸/水島久光/宮田雅子/村田麻里子/
本橋春紀/山内千代子/劉雪雁
(29名、アイウエオ順)