子どもがつくるまち ミニふくおか 2017

第6回子ども実行委員会
まちづくりその1 広場でまちの価値を高めよう!

日時:2017年7月2日(日)中学生12:30~16:00
小学生13:00~16:00
場所:なみきスクエア


 第6回目の子ども実行委員会は、前回つくった「広場」の目的や名前、ルールを考えました。まちづくりの専門家から、「よいまちとはどんなまちか」を学んだあと、「広場」でまちの価値を高めるための新しい仕事を班で話し合い発表しました。たくさんの新しい仕事がうまれ、ミニふくおかのまちづくりが一段とすすみました。


まちの市民を代表する市長が決まりました。前市長から今年の市長へバトンタッチです。

前回つくった広場。この広場は市民にどう使ってほしいのかを考えます。具体的な例を聞いて、考えがまとまってきました。

まちづくりの専門家福田忠昭さんから「まちの価値を高める仕事」について話を聞きます。

今ある仕事だけではなく、まだ仕事になっていない仕事など、これまでにない新しい仕事について話し合いました。

「こんな仕事があると広場がもっと良くなると思います!」。それぞれの班で考えた新しい仕事を発表しました。

たくさんの新しい仕事が生まれてきた5つの広場。ミニふくおかの市民をつなぐ場所になることでしょう。

参加者の感想

  • 私が話しているときにみんなが意見を聞いてくれたのがうれしかった(小5)
  • みんなで笑いながら考えたことが楽しかった(小6)
  • 仕事を考えるのが楽しかった(中2)
  • 新しい仕事をみんなが真剣に考えてくれてたくさんの仕事がでたことがうれしかった(中2)
  • 次は自分の考えをみんなにいうことを頑張りたい(小6)
  • みんなの前で発表する時は堂々と言う(中2)
  • リーダーとしてみんなの意見をきいてまとめたい(中3)

< 第5回   ページトップへ ↑