「メル・プラッツ」第10回公開研究会のご案内
メル・プラッツ事務局
 すっかり秋も深まってまいりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
メル・プラッツ事務局です。

 さて、11月29日(土)に開催予定の第10回公開研究会につきましてご案内申し上げます。
お誘いあわせのうえ、ぜひお気軽にお越しください。多くのみなさまのご参加をお待ちしております。
------------------------------------------------------------------------
第10回メル・プラッツ公開研究会
------------------------------------------------------------------------
■日時 :2008年11月29日(土)14時〜18時
■会場 :東京大学本郷キャンパス工学部新二号館9階93b
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_18_j.html
     ※地下鉄丸の内線・大江戸線[本郷三丁目駅]から徒歩8分
      地下鉄南北線[東大前駅]から徒歩8分
■参加費:500円
■テーマ:「学校では教えてくれないメディア表現とリテラシー」


  小学校5年生の「社会」や中学3年生の「国語」など、学校教育の現場で「メディアリテラシー」に子どもたちが接する機会が少しずつ増えてきました。素晴らしいことです。
  でも、もちろん、メディアリテラシーの学びは、学校という人生の一時期に行われればよいというものではありません。メディア社会に生きる私たちが、生涯直面しつづける課題のはずです。
  今回の研究会では、「学校以前」という意味で「幼児期」に、「学校外」と言う意味で「地域」に焦点を当ててみます。プレゼンテータとして、幼児とメディア(とりわけテレビ)の関係について研究されている村野井均さん(茨城大学)と、地元神奈川県大磯町で地域住民のメディア活動に携わっておられる石川 旺さん(上智大学)のお二人を迎えます。
  今期のメル・プラッツは、これまで私たちがメディアリテラシーを論ずる際に想定してきたフィールドをもう一歩広げてみる、というテーマを掲げています。学校教育「外」で、どんなメディアリテラシーやメディア表現が育まれているのでしょうか。そして、メディアリテラシーを長いスパンで考えていくにはどうしたらよいのでしょうか。
  みなさまと一緒に議論していきたいと思います。ご来場をお待ちしております。


■タイム・テーブル(予定)
14:00−14:05 ご挨拶  北村順生
                  (新潟大学、メル・プラッツ オーガナイザー)
14:05−14:30 日本のメディアリテラシーの現状と今日のテーマについて
                  本橋春紀(放送倫理・番組向上機構、メル・プラッツ運営メンバー)
14:30−15:20 プレゼンテーション(1)
                  「幼児とメディアリテラシー」(仮)村野井均(茨城大学)
15:20−16:10 プレゼンテーション(2)
                  「地域とメディアリテラシー〜大磯町での住民参加型番組作りを例に」(仮)
                  石川旺(上智大学)
16:10−16:20  休憩
16:20−17:30 トークセッション
           村野井均、石川旺、
                  水越伸(東京大学、メル・プラッツ運営メンバー)
17:30           終了


※事前に申し込みは必要ありません。
※詳しくは、メル・プラッツWebサイト(http://www.mellplatz.com/)の情報をご覧ください。


------------------------------------------------------------------------

メル・プラッツ 2008年度オーガナイザー(事務局) 北村順生(新潟大学)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※メル・プラッツは、以下の運営メンバーによって運営されます。
飯田豊/伊藤昌亮/宇治橋祐之/小川明子/加島卓/北村順生/見城武秀/
駒谷真美/境真理子/坂田邦子/砂川浩慶/高宮由美子/崔銀姫/土屋祐子/
鳥海希世子/中川一史/長谷川一/林田真心子/古川柳子/ペク・ソンス/
松井貴子/水越伸/水島久光/宮田雅子/村田麻里子/本橋春紀/山内千代子/
劉雪雁(28名、アイウエオ順) 

□お問い合わせ・電子メール送り先:
 メル・プラッツ事務局<2008@mellplatz.com>